豆知識

豆知識

パイル織物とは
パイル織物とは
パイル織物とは、布生地の表面にパイル(ループ)を出した織物です。
そのループをカットしないものの代表的なものがタオルで(高級品はカットして手触りを良くしたものもあります)カットするものの代表的なものが、モケット・ベルベットや、コーデュロイ(コール天)です。
経糸と(タテイト)をパイルにするものと緯糸(ヨコイト)をするものの2種類があり、経糸のは、パイルの長さの長いものから短いものまで比較的自由に作成可能です。
2ビーム(2種類の経糸を使う)の特殊な織機で織ります。
パイル織物の特徴
パイル織物の特徴
パイル織物は、「アザラシの毛皮に似た布地」ということから、
別名シール織物、シールメリヤスとも呼ばれ、織物の基布に毛(パイル糸)が織り込まれている特殊な有毛布地です。
近年、合成繊維の開発により、さまざまな素材がパイル糸に使用されるようになり、独特の光沢と風合い、
そして弾力性、保温に富む格調高い特殊織物になりました。
パイル織物の素材
パイル織物の素材
鉄道車両・バス・高級乗用車の座席の表地や、トラックの内装、スリッパ、
絨毯やソファにも使われる「モケット」。 肌触りが滑らかで、耐久性が高く長持ちするのが特徴で、「モケット」もパイル織物の素材の1つです。
また、衣類にも使われることが多い「ベルベット」。
こちらも生地の表面を起毛したパイル織物の一種で、
2枚の生地の間にパイル糸を織り込み、その間をカットしたものを言います。

パイル織物になる素材

  • 綿・
  • レーヨン・
  • アクリル・
  • ポリエステル
ページ先頭へ